レーシックと強度近視カテゴリの記事一覧

レーシックと強度近視

レーシックと強度近視


強度近視患者(-6.00から-10.0D:D=ディオプター)の場合、イントラレーシックでは93.5%が1.0以上回復、レーシックでは90.9%が1.0以上回復。イントラレースFS2レーザーを使用することにより強度近視の方の回復率が向上し、-15Dの最強度近視の治療まで可能です。

ただし、事前の十分な適応検査が必要になります。


レーシックとは、視力回復手術のことです。


レーシックは約10年前に開発され、今までに1000万件以上の人が受け、また、毎年100万件以上の人が視力回復をしています。


近視の人の約10%がこの手術を受けていると言われています。


イントラレーシック(Intra LASIK)とは、レーシックの一形態です。


イントラレーシックと一般的なレーシックの違いは、フラップの作成方法です。


通常のレーシックの場合は、マイクロケラトsームという電動カンナのような装置でフラップを作りますが、イントラレーシックの場合はレーザーを用いて作成します。


これにより、一段と安全で正確にフラップを作成することが可能となります。


通常のレーシックにおいても、マイクロケラトームにより精巧なフラップを作成することは可能なのですが、カンナ部分の往復運動により、フラップの断面が若干でこぼこしたり、ヒンジ(フラップのつなぎ目)の部分が斜めになるため、まれにシワの原因となる場合があります。


一方、イントラレーシックの場合は、レーザーによりフラップを作成しますので、断面もヒンジの部分も非常にきれいなものとなります。





Copyright (c) 強度近視も視力回復!強度近視解消. All rights reserved.



強度近視も視力回復!強度近視解消サイトTOPへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。