レーシックと強度近視

レーシックと強度近視


強度近視患者(-6.00から-10.0D:D=ディオプター)の場合、イントラレーシックでは93.5%が1.0以上回復、レーシックでは90.9%が1.0以上回復。イントラレースFS2レーザーを使用することにより強度近視の方の回復率が向上し、-15Dの最強度近視の治療まで可能です。

ただし、事前の十分な適応検査が必要になります。


レーシックとは、視力回復手術のことです。


レーシックは約10年前に開発され、今までに1000万件以上の人が受け、また、毎年100万件以上の人が視力回復をしています。


近視の人の約10%がこの手術を受けていると言われています。


イントラレーシック(Intra LASIK)とは、レーシックの一形態です。


イントラレーシックと一般的なレーシックの違いは、フラップの作成方法です。


通常のレーシックの場合は、マイクロケラトsームという電動カンナのような装置でフラップを作りますが、イントラレーシックの場合はレーザーを用いて作成します。


これにより、一段と安全で正確にフラップを作成することが可能となります。


通常のレーシックにおいても、マイクロケラトームにより精巧なフラップを作成することは可能なのですが、カンナ部分の往復運動により、フラップの断面が若干でこぼこしたり、ヒンジ(フラップのつなぎ目)の部分が斜めになるため、まれにシワの原因となる場合があります。


一方、イントラレーシックの場合は、レーザーによりフラップを作成しますので、断面もヒンジの部分も非常にきれいなものとなります。





Copyright (c) 強度近視も視力回復!強度近視解消. All rights reserved.



強度近視も視力回復!強度近視解消サイトTOPへ

子供の強度近視について

子供の強度近視について


強度近視では、眼軸長(眼球の長さ)が延長していて、遺伝にかかわる場合が多く見られます。


一方、軽い近視では環境の影響が大きく、近視になりやすい子供が本を読みすぎたり、コンピューターゲームばかりしていると近視を生じやすいといわれています。


近視の進行に関係する因子としては、目を使う近くの仕事(近業)が最も重視されており、他に調節や眼圧作用なども関係していると考えられています。


■子供の強度近視、リスクが最も少ない対処


その一つがレーシックですが、これは眼の表面にかんなをかけるように(レーザー光線を用いて)薄く削って眼の表面の角膜から凸レンズ相当の形の部分を削り取って眼を近視が減る方向に変形させるものです。


この方法は、コンタクトレンズや眼鏡にさよならをいえるなどの利点が有るのですが、まだ安全性が充分に確立されたとはいいがたく、国民健康保険に取り入れられるにもいたっていません。


したがって、美容外科などのような私費診療の段階です。


この場合、まだ眼球の成長が終わっていない(最終的な近視の度が固まらない)小児の眼にレーシックを行うのはよろしくないでしょう。


イントラレーシックとか、放射状角膜切除などもこの角膜手術で近視を減らすという範疇に入るものです。





Copyright (c) 強度近視も視力回復!強度近視解消. All rights reserved.



強度近視も視力回復!強度近視解消サイトTOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。